管理薬剤師が派遣社員として働くメリットは?

薬剤師の働き方は正社員で働く人が多いと思われるかもしれませんが、派遣社員として働く方法を選ぶ人もいます。薬剤師の資格を取得して最初に就職する場合は正社員として働く人が多いと思いますが、ライフスタイルの変化とともに、派遣の方が働きやすくなる場合が出てくると思います。

例えば結婚や出産で正社員として働くのが難しくなった時でも、勤務時間がきっちり決められている派遣社員なら働けるというケースがあります。フルタイムで働けなくても、週に何日か、短時間勤務をしたい人もいるでしょう。正社員ですと短時間の勤務は難しくなりますが、派遣社員なら可能なのです。

また子育てや介護をしているわけではなくても、他にやりたい事があってその時間を確保したいので、派遣社員で働くという人もいます。

もちろん、パートやアルバイトの薬剤師として働くという方法もありますが、給与や待遇の面を考えた時に派遣社員の方がメリットがあります。薬剤師が派遣社員として働いた場合の時給は、他の職業より高い傾向があるので派遣社員とはいっても十分な給与をもらうことができる人も多いのです。

派遣社員の場合は契約期間が決められていますから、その期間が終わる時に更新しなければ、その職場での仕事を終えることもできます。正社員であれば退職する時は自分から上司に辞めることを申し出なければなりませんから、それに比べると簡単です。

派遣社員として働くには、デメリットもあるのであらかじめ了解しておきましょう働いている職場が気に入って、今後も働き続けたいと思ったとしても、企業側の都合で更新されないことがあります。これは派遣契約なので仕方がないことです。

もちろん双方の希望が一致すれば契約を更新することができますが、企業側は人手が足りているので契約を終了することもあるのです。派遣社員として働く場合は、長期的な見通しが立てづらいというデメリットがあります。

また、派遣社員としての契約期間がまだ残っているのに、途中で仕事を辞めたくなった場合は、派遣会社とトラブルになることがあります。仕事が辛かったり職場の雰囲気が合わないなどで辞めたくなる気持ちも分かりますが、契約の期間まではなるべく働くようにしましょう。

薬剤師が働く場所はいろいろある

薬剤師の資格を取得した後は、いくつか働く場所があります。もっとも一般的なのは調剤薬局や病院で調剤の仕事をすることです。薬剤師の50%以上が調剤薬局で働いていると言われています。

以前は病院の中で薬を受け取るのが一般的でしたが、医薬分業が進んできて、病院の外の薬局で薬を受け取ることが最近では多くなっています。

調剤薬局での仕事内容は、患者さんが医療機関から受け取った処方箋をもとに、薬を用意して患者さんに渡し、その際に薬の内容や飲み方を指導するというものです。この仕事は薬剤師しか行うことができませんし、正しい薬を渡さないと症状が改善しなかったり、あるいは悪化してしまうことがありますから細心の注意を払う必要があります。

また薬の飲み方をよく理解していない患者さんもいますから、薬の効果を最大限に発揮するためにも正しい飲み方を指導しなければなりません。毎日多くの患者さんが訪れるので大変ですが、一人一人に対して手抜きをせずにこうした指導をしなければならないのです。

薬局を訪れる患者さんはいろいろな人がいます。健康に不安を抱えて心細い気持ちで来店する人もいますし、人によってはクレームをつけたり無理なことを言う人もいるでしょう。薬の知識と共に、対人的なスキルも必要になります。

またドラッグストアで働く薬剤師もいますが、この場合は調剤というより販売という意味合いが強くなります。薬剤師は薬だけを販売すればいいというわけにはいきませんから、さまざまな日用品等の知識も吸収しなければなりません。

また企業で働く薬剤師もいます。製薬会社や治験に携わる企業で働くこともできるのです。新薬の開発を行う仕事は、じっくりと研究に取り組まなければなりませんが、新しい薬が世の中に出る時の喜びは大きいものがあるでしょう。

ページの先頭へ