漢方薬局で働く薬剤師の実態

以前から漢方に関して関心を持つ人は多く存在しましたが、その影響からか 漢方薬局というものが登場するようになりました。特別資格が必要になるわけ ではないため、多くの薬剤師が勤務しているのが現状です。

では、もう少々詳しく漢方薬局で働く薬剤師の実態について、ご紹介していくこと にしましょう。そもそも、漢方薬局とは、読んで字のごとく漢方の処方を行う 薬局の事を指します。

数年前と比較すると、様々な診療科の医師が漢方を処方するようになってきた ため、処方箋に基づいて調剤したり、服薬指導を行うのが漢方薬局で勤務して いる薬剤師の仕事です。

また、漢方の処方箋を出す医師は、現在たくさん存在するわけではないため、 患者さんの要望や症状に合わせて漢方を調剤することもあるといえます。

その際は、薬剤師が責任をもって、用法や用量について説明し、正しい服薬方法 について患者さんに解説しなければならないため、責任重大だといえるでしょう。

保険調剤薬局とは違い、淡々と調剤する仕事ではなく、ある程度自由度が高い 仕事であることから、やりがいのある仕事の1つだともいえますが、自力で 求人を探してもほとんど見つからないというのが現状でしょう。

なぜなら、漢方薬局は厚待遇の仕事であるため、応募の殺到を防ぐために、 非公開案件として扱われることが多いからです。非公開案件とは、 ハローワークや求人情報誌で掲載されていない、レアな求人案件の事を指します。

薬剤師の求人を専門で扱っている転職サイトなどでは、非公開案件を多く 扱っているため、比較的簡単に漢方薬局の求人を見つけることができるで しょう。

ちなみに、漢方に関する調剤を行ったことがなくても、働き始めてから 覚えていくことになりますので、心配ありません。職場によっては、 研修制度が充実していたり、いち早く仕事に慣れるための工夫が施されて いることもあるようです。

漢方に興味があるということであれば、1つの働き方として検討してみても 良いかもしれません。

ページの先頭へ